素人の野菜作りブログ


野菜作りなどしたことがない私ですが、ひょんなことから狭いながらも畑を借りて「野菜作り」をすることになりました。
その様子は「素人の野菜作り 〜Tomorrow農園〜」に掲載しています。
(詳しくは「このブログについて」のページをご覧ください。)

このブログは、
上記サイトのなかで野菜作りを通して気が付いたことや感じたことをテーマにして気の向くまま書き込みしているコーナーです。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# カテゴリ別:コンテンツ一覧 2011
※本ページは新しいコンテンツを順次下に表示しています
                                      《新着コンテンツ》 
                                       小型耕運機(2/21) 


         カテゴリ別:コンテンツ一覧 2011       2010年版はこちら    
                                       このブログについて

                                        カテゴリ別:コンテンツ一覧 2010 
                                         掲載順:コンテンツ一覧 2011  
                                        掲載順:コンテンツ一覧 2010  
    
野菜栽培作業         知ったこと          野菜を食べる    
  ネギの収穫               ブロッコリ              落花生を食べる                    
  
ヤグラネギ              中耕/土寄せ            ダイコン葉を食べる                                
  
ヤグラネギの収穫          サトイモ               ダイコン皮を食べた                                  
                       
干し柿                「ひょう」の煮物                        
                       
カイワレ大根            オクラを食べる                        
                       水耕栽培                 
タマネギの芽   
                                           
ニンジン・スティック                
                                           
ニンジンとダイコンの和え物               
                                           
ジャガイモの煮っ転がし                            
                                           
フキを食べた         
                                           ミズ(山菜)                
                                                           
                                                                 
                                                                                                                       
畑のこと              農業を考える       野菜の保存   
  小型耕運機 new                                 ダイコンの保存              
                                           
ハクサイの保存                  
  
                                      

                                                   
害虫・害獣対策       日 記            お役立ち商品
                       立春が過ぎて      
                       積雪                                    
                       
降雪                           
                       冬の雨                                

                                                        
      ベースサイト:素人の野菜作り 〜Tomorrow農園〜  
               最初のページへ


    
                                      
| comments(0) | trackbacks(0) | 06:57 | category: サイト・インデックス |
# 畑作業の準備:小型耕運機

  本日は、本業の関係で山形市より南に約30kmの南陽市まで行って来ました。

山形市内はほとんど雪が無いのですが、南下するに従い残雪が多くなり、場所にもよりますが南陽市では残雪が1.7mぐらい残ってしました。

おかげで、看板が見えず、目的地の近くまで行ってから少し迷ってしまいました。

ところで、本日は天気が良く絶好のドライブ日和。遠くに見える山の白さと空の青さのコントラストに、しばし目的地での仕事を忘れてしまいました。

この辺で最も高い山は何と言っても蔵王連峰。奥羽山脈に属し、活火山で山頂付近には火山湖の「御釜」があります。刈田岳付近から見る「御釜」は圧倒的な存在感と七色に変化する湖水の繊細さが魅力です。主峰は熊野岳で1841m。

ひときわ白さが光る蔵王山頂が、車からずっと見えていました。今、あの頂に立って見る景色は、さぞや絶景だろうと思いました。

さて、こうなるといよいよ畑作業の準備に気持ちが逸ります。

まず、昨年の野菜栽培とこの冬の積雪で硬くなった土を掘り返し柔らかくしなければなりません。その際、消石灰をふってから、耕運機で耕すことにしています。

さらに、播種前にも耕すのですが、このときは最低4回以上耕すことにしています。単純なことですが、耕す回数が多いほど土が細かくなって、その後の作業が楽になることを昨年知ったのです。

 
【レンタル・送料無料】耕運機 ホンダ ピアンタ


| comments(0) | trackbacks(0) | 21:37 | category: 畑のこと |
# 冬の雨
  一昨日から昨日にかけて結構暖かい日が続きました。

雪が降る感覚を忘れてしまいそうな感じですが、気持ちのどこかに、こんな時期に降るとすれば重たい雪だろうな、と言う感覚を忘れていないのが雪国の住人。

ところが、昨晩ふと目を覚ましたら、なんと「雨音」がするではありませんか・・・。久しぶりの雨音です。これで、また雪が融けるだろうとしばし雨音に聞き入ってしまいました。

ちなみに、雪の場合は音はしません。音に関しては存在感がないのですが、翌朝窓を開けると、その体積で存在感を示してくれます。

このまま雪が終わりではないでしょうが、確実に春が近づいていることを実感します。そういう意味で、冬以外は憂鬱になる雨音ですが、今回は何となくウキウキしてきます。

春になったら、また畑仕事を始めます。今シーズン播種する作物の種も揃えました。畑の土と緑の香りが待ち遠しい昨今です。




| comments(0) | trackbacks(0) | 18:02 | category: 日記 |
# 水耕栽培
  野菜作りを始めてから色々な言葉を見聞きするようになりれましたが、「水耕栽培」もそのひとつ。水耕栽培とは、土を使わない栽培方法で、人工的な養分液で栽培するものです。

‥攵蹐了╋櫃ら開放され、結果的に農薬量が少なくて済む。
⊃涌拇環境を作るので、温度、湿度、日照、肥料などを理想的状態に管理できる。
1れがなくクリーンな環境で栽培できる。
さじなどの自然環境の影響が少ない。
セ裕┐鯆未靴萄惑櫃任る。
などの利点があるとされています。

ただし、プロの農業としてこの方法を採用するには、環境構築のため多額の費用が必要となります。温室はもちろん、温度管理と連動した暖冷房、その燃料、同じく窓の開閉装置、養分液の管理などです。

また、今話題の有機肥料を入れると水が腐敗し、作物の根を傷めるので、基本的には無機肥料のみを使用することになります。

有機肥料と土と太陽を基本とする有機農業は土壌の共生バクテリアの活性化を目指すのに対し、水耕栽培は栽培環境の全てを人為的にコントロールしようとする栽培方法で、ある意味対極にある考え方かも知れません。

ところが、個人宅のちょっとしたスペースやベランダ、冬場には窓際などのスペースで野菜栽培を楽しめるのも水耕栽培が適しています。

面倒な肥料の調整や、天候を考えながらの播種とそれ以降の管理、追肥、水遣り、何よりも重労働の土寄せがありません。

畑がなくとも、忙しくとも、野菜栽培を楽しみながら、野菜生長の鑑賞ができて、新鮮で美味しい野菜を自ら収穫し美味い野菜を味わうことができるのです。

収穫後も水分を流すだけ、土の処分は必要ありません。さらに、土でないので連作障害も考える必要なし。

こうなると、小規模なガーデニングなら、むしろ水耕栽培の方が適しているのかも知れません。

水耕栽培のキットも多く市販されておりおすすめです。ここで紹介するセットは、基本セットに、本体、循環ポンプ、液体肥料(A・B)500ml×各1、トマト種子2種×各3粒、ミニキャロル種:ミニトマト種子約25粒 となっており、組み立て15分程度ですぐに始められます。

 


| comments(0) | trackbacks(0) | 17:51 | category: 知ったこと |
# 降雪
  天気予報の通りやはり降雪がありました。

本日は土曜日なのでOffの方も多いと思いますが、絶好の除雪要員になってしまうのでしょうね。また、休日で無い方はこの雪の中の出勤。ご苦労様です。

さて、そんな訳で、雪が降ったからと家の中に閉じこもってばかりは居られません。冷たい雪を踏みしめて外に出なければならないようです。

こんなとき足元が暖かいと寒さもストレスも半減、除雪作業も苦になりませんし、通勤も快適です。

このインソール(靴の中敷き)は、岩盤浴に使用される天然鉱石をを練りこんだもので、遠赤外線を放出するため、歩行時はもちろん立ち止まっていても暖かさかが伝わってきます。

 抗菌・防臭機能付 蓄熱インソール
 4足組 ¥5,040

もちろん、汗をかいても蒸れないよう、蓄熱性、抗菌性、防臭性に優れたパウダーも練り込んで快適性を確保しています。

さらに、靴と一体となって使用されることを前提に、軽く、柔らかく、弾力性のある素材を使用して、靴の歩行機能を損なわないよう配慮されています。

凍結防止のアイスソールと組み合わせれば、足元は無敵状態です。
 ※ 積雪(2011/2/11)

 



 販売されているのは、ファッションから生活雑貨まで幅広いジャンルを取り揃えている【夢隊web】さん。楽しい商品がたくさんのショップです。 
 好奇心くすぐる・おもしろグッズ満載通販サイト【ゆめたいweb】

 

**************************************************************
| comments(0) | trackbacks(0) | 08:16 | category: 日記 |
Search this site
日本最大級のガーデニング・サイト
ブルーミングスケープ 『ガーデニング・観葉植物・園芸』商品販売
発電機・UPS・ソーラーパネル、農業機器、園芸用品など
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links